いちご屋 燦燦園

燦燦園について
  • HOME
  • 燦燦園について

いちごへの想い

私たちは、みなさまに幸せなひとときを
感じてもらえるようなイチゴをお届けしたいと考えています。

ふたを開けた時の、鮮やかな色、甘い薫り。
手にとった時の柔らかさ。
口の中に入れた時の音。
ほおばる度に広がる味わい…。

これら、いちごがもたらす喜びを伝えたい。
そんなこだわりをもって作っています。

代表挨拶

2011年の震災により、私達は多くのものを失いました。
人々の自信や活力すら、無くなりました。

この街をもう一度、元気にしたい。
その一心で、燦燦園を立ち上げました。

現在、思い描いていた姿には、まだまだ道のりは遠いですが、
たくさんの仲間やお客様たちと出逢うことができました。
多くの喜びを得ることができました。

この美味しいいちごを皆様へ届けるため、これから、日々精進 
して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

燦燦園 代表取締役 深沼陽一 

会社概要

社名
株式会社 燦燦園
会社設立
2011年11月
代表
深沼 陽一
住所
〒989-2201
宮城県亘理郡山元町山寺字稲生18番地
TEL
0223-37-0659
敷地面積
14000m²
従業員
役員-3名 社員-5名 パート-12名
生産量
約80t(見込)※2013-2014年シーズン
生産品種
とちおとめ、もういっこ、紅ほっぺ
事業内容
いちごの生産および販売業