いちご屋 燦燦園

美味しさの秘密
  • HOME
  • 美味しさの秘密

山元町の気候

東北では雪が少なく、なだらかな平地の山元町。

陽の光をたっぷりと浴び、厳しい寒さを乗り越えたいちごは、
甘く芳醇な香りがただよいます。

そんな自然の恵みを受けた宮城県は、
東北全体の約半分の生産量を誇り、
隣接する亘理町と併せていちごの大産地です。

仙台市から1時間圏内の立地を活かし、
摘みたてのいちごをみなさまへと届けます。

いちご職人

燦燦園には山元町で35年以上、
いちごを作り続けてきた職人がいます。

この地に先駆けて「深沼農園」として直売所を開き、
多くのお客様に愛されてきました。

ハウス内の室温、日照時間の調整、
水へのこだわり、害虫や病気との闘い…。

日々、細心の注意を払い、試行錯誤しながら 
美味しいいちごの提供を目指しています。

減農薬の取り組み

農薬を通常の3分の1までカットできる
静電噴霧器を使ったり、
周りに貼るだけで害虫の増殖を抑制する
ラノーテープを活用したりと、
農薬を使わない病害虫の防除を心がけています。

宮城県よりエコファーマーの認定を受けた職人が
徹底した品質管理に努め、
安全で安心な生産体制で減農薬に取り組んでいます。

産地直送

より美味しく食べてもらうためには、
新鮮ないちごがイチバン!

東北・関東なら摘んでから 
お客様の手元へわずか1日で届きます。

甘みがのったいちごを朝一番に摘みとり、
一粒一粒を大事に手で詰めてお贈りします。

自宅はもちろん、遠くにいる大事な方への贈り物にぴったり!
子供はもちろん大人まで多くの方に喜ばれています。

いちごへの愛情

わたしたちは「いちごが大好きないちご農家」です!

毎日いちごと向き合い、
少しでも美味しくなるように心を込めて作っています。

このいちごを少しでも多くの方に知ってもらうために、
ケーキ屋さんと商品を一緒につくったり、
パッケージひとつにも工夫を凝らしたりしています。

みなさん、是非このいちごを味わってみてください。